創業メンバーの最高執行責任者(東京本社 小林さん)

ノバリ株式会社に入社した経緯を教えてください。

20年以上前、私が外資系損害保険会社で、保険代理店として独立を目指していた頃、弊社代表の太田が同僚で一緒に働いていました。お互いに誰よりも夜遅くまで仕事をしていたので、いつの間にか、将来の目標や保険業界の未来について、語り合う仲になったんです。太田の方が保険会社から先に独立していて、新しい会社を立ち上げる時に創業メンバーとして誘われ、入社することを決めました。

ノバリ株式会社に入社して良かった点を教えてください。

良かった点は、入社して以来、会社の発展と共に得るものが多くなっています。創業時から組織化を進めて、仕事が出来たのは大きかったと思います。社員が10人,50人,100人と増えていく過程で、責任者として会社経営を実践し、経験を積むことが出来たので、自分自身の成長にも繋がっていると思います。現在は、ノバリ株式会社の長期ビジョンである独立系保険代理店で一番の規模になることを目標としていて、数十年後も皆さまから選ばれる企業になるために社員一同努力精進しております。

創業20年以上になると企業文化はありますか。

企業文化は「企業理念と行動指針―ノバリウェイー」に集約されています。代表の太田や私、そして管理職の社員が中心になってまとめたものになります。ノバリウェイが出来てから、何百人もいる社員の間でも共通の価値観、ノバリらしさを日々共有し確認出来ているように感じます。ノバリウェイは実践すればする程、腑に落ちるんですよね。人生やビジネスの成功法則なんかに近いのかもしれません。

社員の人材育成ではどんなことを実践されていますか。

一言でいうと、毎年新しい挑戦が出来る環境を与えているということですかね。人材育成制度なんかを活用して、目標や挑戦したいことを毎年3つは社員一人一人に考えてもらっています。ただ、挑戦させるだけでなく、問題を抱え込んだり、悩んだりしている社員がいたら、すぐに声をかけてあげ、一緒に解決策を考えるようにしています。弊社は減点評価ではなく、加点評価なので挑戦しないと損した気分になるんですよ。また、最大の人材育成かもしれませんが、私自身が社員の模範となるように日々心掛けています(笑)。

今後のお客さまサービスの抱負があればお聞かせください。

付加価値の高い、弊社ならではの独自サービスを提供していきたいと思っています。そのためには、保険全般から金融全般まで関心領域を広げ、お客さまに役立つ最新の専門的知識を学び続けていきます。現在は損害保険に強い保険代理店ですので、損害保険分野では他社の追随を許さない位まで深く掘り下げ、サービス提供していきたいですね。やはり、学習する組織をつくることが大事だと考えています。お客さまには、日々、進化しているノバリ株式会社に期待していただき、期待以上のサービスを提供出来る私達でありたいと思います。

目次