公的年金の構造を教えて(公的年金編)

エフピーくん

宇宙人エフピーくんから質問

船長、船長、公的年金の構造を教えて。

日本の公的年金制度は国民皆保険という特徴を持っており、国民年金基礎年金とした2階建ての構造となっています。

1階は日本に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての人が加入する国民年金(基礎年金)で、

2階は会社員や公務員が加入する厚生年金保険です。

ちなみに、

  • 第1号被保険者は20歳以上60歳未満の自営業,学生,無職の人などが対象
  • 第2号被保険者は70歳未満の会社員や公務員の人が対象
    (厚生年金保険に加入している70歳未満の方は国籍や性別、年金の受給の有無かかわらず、厚生年金保険の被保険者となります。)
  • 第3号被保険者は20歳以上60歳未満の第2号被保険者の被扶養配偶者が対象

万が一、収入の減少や失業等により国民年金保険料を納めることが経済的に困難になった場合、
保険料免除制度や納付猶予制度があります。
国内居住要件の方は第1号被保険者と第3号被保険者は有りで、第2号被保険者は無しとなっております。

また、保険料の納付方法として、

  • 第1号被保険者は納付書による納付や口座振替など自分で納付,
  • 第2号被保険者は勤務先を通じて納付,
  • 第3号被保険者は自己負担無しで第2号被保険者の加入制度が負担します。

自己負担のない第3号被保険者は、制度の廃止や見直しも議論されています。

©厚生労働省

実は、2階建ての構造の上に3階部分国民年金基金,企業年金,個人型年金のiDeCoなど)もあるのですが、任意となっています。エフピーくんも是非考えてみて。

船長

本日、任務完了

目次