コンパス「山と自然の傷害保険」

一般登山、山岳登はんに対応する傷害保険 コンパス「山と自然の傷害保険」の案内をスタート!

このたび、インフカム(株)とノバリ(株)は東京海上日動火災保険(株)の協力のもと登山アプリ「コンパス」にて、登山計画と連動してご加入いただける傷害保険「コンパス「山と自然の傷害保険」」の案内をスタートずることになりました。

コンパス「山と自然の傷害保険」は登山アプリの「コンパス」で作成した登山計画に応じてご加入いただける傷害保険です。

コンパス「山と自然の傷害保険」の特徴

  • 一般ルート登山、トレッキングなどの一般ルート登山向けの補償だけではなく、ロープ(ザイル)やアイゼン、ピッケルなどの用具を使用する登山、クライミング、沢登りなどの登はん行為(危険割増し登山)でも補償します。
  • 登山計画の同行者も一緒にお申込みいただける「グループ申し込み」が可能です。登山の前泊、後泊をふくめ、家を出てから帰宅までを補償の対象としております。※詳しい補償内容はこちらをご確認ください。
  • 登山アプリ「コンパス」で登山計画を作成して登山届を提出すると、登山届にあった最適なプランをご案内します。そこからプランを選んで、そのまま、お申し込みの手続きができる便利な保険です。

保険料は、一般ルート登山向け保険(山岳登はん補償なし)、危険割増し登山向け保険(山岳登はん補償あり)、どちらも比較的安価な保険料からご案内ができます。

日本では、年々登山を趣味としてはじめられる人が増えています。理由は色々とありますが、一つに登山道が整備されている山が多いことがあげられます。とはいえ、山は大自然だから油断はできません。ご自身のケガや遭難、他人のケガや物を壊してしまった際に備えて、コンパス「山と自然の傷害保険」をおすすめいたします。

まとめ

登山アプリ「コンパス」はインターネットで登山届を家族や友人、警察等と共有できるシステムです。従来の登山届との大きな違いは、コンパスから全国の山域の登山届が提出でき、下山通知機能で安否の確認、入山地以外の他県にまたがる縦走も計画が共有できるため、事故遭難の際の対応が迅速に行えることです。詳しくはコンパスサイトご確認ください。
登山アプリ「コンパス」と「山と自然の傷害保険」のことで詳しく知りたい点がありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

目次