2024年4月のコンプライアンス研修

皆さん、こんにちは。本日は毎月第四月曜日の朝会で実施しているコンプライアンス研修でした。今回のコンプライアンス研修は、①2024年度コンプライアンス点検告知②業務品質評価運営の進捗と直近課題③苦情対応・お客さまの声報告の重要性について学びました。

2024年度コンプライアンス点検告知では、重要項目は①顧客本位の業務運営(最善利益義務)②顧客本位の業務運営(保険代理店管理態勢の高度化)③顧客本位の業務運営(公的保険制度を踏まえた保険募集/外貨建保険の募集管理等の高度化)④持続可能なビジネスモデル・環境⑤障害者に配慮した取り組みの5つのポイントを確認しました。

業務品質評価運営の進捗と直近課題では、生命保険協会が①契約時の適切な対応②契約後アフターフォロー体制③個人情報の適切な管理体制④健全な経営・企業活動の4つの視点で保険代理店を調査・評価し、業務品質評価基準の基本項目を全て達成した代理店を認定代理店として公表している制度です。こちらは認定が下りるまで、その内容を外部に公表することは禁じられています。

苦情対応・お客さまの声報告の重要性では、苦情管理ルールに基づく体制整備の考え方やお客さまの声を活かしたPDCAサイクルの実践を復習。PDCAサイクルの方は、Plan:お客さまの声の受け止めDo:苦情の解決に向けた適切な対応Check:苦情の原因分析に基づく再発防止策の策定Act:再発防止策の実施と継続的な業務改善を確認しました。 業務連絡ではゴールデンウイークの休みの報告依頼もありましたが、円安などの影響もあり物価上昇が続いておりますので、近場でのお出掛けが多くなりそうですかね。

目次