2024年1月の社長講話

おはようございます。全国の営業所の皆さんも、おはようございます。少し遅れましたが、新年明けましておめでとうございます。2024年度が始まりましたので、良い形でスタートダッシュを成功させたいですね。今月のビジョンシェアリングは「2023年度の実施状況と2024年度の本社方針」について話をしたいと思います。やや、経営的視点の話になりますので、管理部やコンプライアンス委員会の考えは、別途所長会の際、お伝えさせていただきます。今年はノバリ株式会社の企業文化をより理解してもらうために、いろんな角度から基本的な考え方を伝えていく予定でいます。成長のための基礎固めということになるかもしれません。

まずは、こちらを見てください。

2023年度の実施状況をヒト・モノ・カネ・情報ごとに要点をまとめています。<ヒト>の人事評価制度は、最後の方でノバリの求める人物像として人事評価項目を紹介します。新入社員研修は、新入社員向けに作成したコンテンツがあります。今年のビジョンシェアリングでは、企業文化をつくるためにこちらも活用していこうと思っています。また、現在、面接もしくは内定時に適性検査の実施をしております。ただ、ある程度の適性は分かるのですが、ノバリ株式会社に合う人材かどうかの見極めは少し難しい印象を受けます。必要であれば共有しますので、営業所でも活用してみてください。<モノ>の会社のロゴマークは刷新しました。皆さん、覚えていますかね。各HPはコーポレートサイトに集約したので、利便性が増しましたしGoogleのHP評価スコアは更に上がっていると思います。実はTVCMの動画をYouTube上で出しているのですが、2カ月余りでどれ位視聴されていると思いますか。おそらく、予想に反してますが、既に約7万回視聴されています。当面の間、日本人の100人に1人は視聴したことになる、100万回の視聴を目標としています。TVCMの効果は、上場企業等と業務提携を締結する時に後押ししている感じがします。上場企業等の担当者にTVCMを紹介すると、まだ見たことがないなど関心を示す方が多いですね。<カネ>の生保のコンサルは、現在、FP事業を行うためのノウハウを習得中です。具体的にはお客さまからヒアリングして、ライフプランの作成と提案業務を標準化していく流れになります。一人のお客さまで60ページ位の提案書になりますので、無料サービスとしては、とても良いサービスになると思います。Webの方はコーポレートサイトに対して、基本的なアドバイスを常日頃から頂いています。DMの方は保険代理店の何でも相談みたいな形でお送りしています。こちらのDMも問い合わせは多いので、ノバリ株式会社の営業所として相応しいかどうかを考えながら進めています。<情報>の方は保険代理店向けセミナーや中小企業向け研修等で定期的に情報を得ているところです。中小企業大学校は、費用対効果がとても高いのでおすすめです。東京校だけでなく、営業所のある愛知県,兵庫県,広島県,福岡県,熊本県にも校舎があったと思います。このような外部の教育機関を活用して、仕事能力をアップさせることも大事ですね。

次に、こちらを見てください。

2024年度の本社方針をヒト・モノ・カネ・情報ごとに要点をまとめています。<ヒト>の方は新たな取り組みとしてFP事業・IFA事業、そして再開するものとして留学事業がありますので、こちらの人材育成です。今年中に朝会のビジョンシェアリングで、一度どういったものなのか話してみようと思っています。特に留学事業は総合金融サービス業には入らないかもしれませんが、富裕層獲得に繋がる可能性がありますし、保険代理店と仕事も似ているので取り組んで損はないと思います。営業所の方から紹介があれば、もちろん分担させていただきます。<モノ>の方はHPのコンテンツ強化を進めていきます。法人向けだけでなく、ファイナンシャルプランナーの視点や資産形成などの個人向けのコンテンツ強化も考えています。当然、SEOも考えながらということになります。まだ、明確には言えませんが、TVCMの第二弾の企画は既に私の方で考えているところです。<カネ>の方は外国人富裕層向けにグローバルオフィスを本社に設置しましたので、ここでのサービス拡充を検討しています。こちらも詳細は話せませんが、外国人向けのプラットフォームを検討中です。

あと、営業所と連携しながらになりますが、本社業務の一部移転を事業継続計画(BCP)の一環として早期に考えないといけないと思っています。候補地としては、営業所の多い長崎県,熊本県,大分県辺りや愛媛県などでも考えているところです。1人2人の仕事と、小さなところから始めても良いかなと思っております。<情報>の方は、引き続き2023年度と同様にセミナーや研修等に参加して、人脈も含めて広げていく予定です。

次に、こちらを見てください。

2024年度上半期ビジョンシェアリングのスケジュールです。ビジョンシェアリングの方は、本社だけでなく営業所でもアルバイト,パートさんにも参加して頂きたいと思っています。ビジョンシェアリングは会社の方向性そのものですし、ノバリウェイの最新版を伝えているとも言えますので。スケジュールに戻ると、2月はシニア向けのビジネスに繋がる話をしたいと思っています。3月は目標管理ですが、4月の所長会に向けて考え方を伝えたいと思っています。昨年同様、3月中に営業所計画書を作成し、4月の所長会で発表する流れとなります。また、今年はビジョンシェアリングと所長会を合体させた形式で全員参加にする予定です。所長会は、4月8日(月)10時~12時で開催して、その後、懇親会とハイブリット型で考えています。5月と6月は再度社会人としての基本、仕事の基本をまとめて話してみます。ここで少し補足ですが、ノバリ株式会社として2024年の夏前には、金融商品仲介業の登録が出来ると思います。それまではアイザワ証券株式会社の子会社での営業活動となります。私の方でも、導入研修に参加したのですが、おそらく保険業界よりも厳しいコンプライアンスの印象を受けます。証券外務員の資格取得は必須になりますけど、本社でもコンプライアンスにどのように対応するか、しばらく検討する必要があります。実は先週財務局の方に金融商品仲介業の登録審査事前申請(ドラフト申請)を提出しました。おそらく、1カ月後位に、私の方が財務局担当官から質疑応答を受けることになっています。金融商品仲介業についても、毎月のビジョンシェアリングの際、その都度、進捗状況を紹介していければと思います。

次に、こちらを見てください。

冒頭で話しました人事評価項目になります。ノバリの求める人物像を具体化したものですね。本社で活用している評価シートも参考までに見ていただきたいのですが、もう少しパンチの効いたものを作成しても良いかなと、最近は感じております。例えば、「コミュニケーション能力なら誰にも負けない人材」募集にすると、セールスパーソン向きの方やお客さまとしっかりコミュニケーションが取れる営業事務が増えそうです。「チームワークでのお仕事が大好きな人材」募集にすると、組織をより理解した人材が集まるかもしれません。また、「新しい事好きで総合金融サービス業に挑戦したい人材」募集だと新規事業向きの人材が興味を示すかもしれません。いずれにしても、ノバリウェイをベースにしながらも、今後はノバリの求める人物像をもっと明確にしていきたいですね。やはり、これからの組織的発展には、ノバリの社風あってこその企業業績拡大が、より重要になってくるように感じます。 では、今月は以上とします。ありがとうございました。

目次