2023年12月の活動報告会

皆さん、こんにちは。ご挨拶遅れましたが、新年明けましておめでとうございます。本年もノバリ株式会社をどうぞ宜しくお願い致します。本日は毎月第1週月曜日の朝会、12月の活動報告会でした。昨年、望年会が盛り上がったこともあり、社内で元気そうな顔を見ると何とも嬉しいですね。出来れば、定期的にパーティー形式のイベントを開催して欲しいと感じる今日この頃です。

さて、先月12月の活動報告はどうだったでしょうか。東京本社の営業成績を総括すると、良い形で2023年を締めくくれたと言えます。セールスパーソンの誰かが大口を契約したのではなく、営業事務も含めてコツコツと成果を上げられたのは良かったと思います。課ごとに毎月目標管理を実施することで、従業員全体でお客さまサービスへの意識が高まったのではないかと思います。

活動報告の最後に、太田社長から適切な人材についてお話がありました。人材こそがもっとも重要な資産ではなく、適切な人材こそがもっとも重要な資産であると。ジェームズ・コリンズ氏によると、適切な人材とは専門知識,学歴,業務経験より性格と基礎的能力によって決まるようです。これは組織において、経営理念や方向性を理解し、また求められる仕事能力を考えることが重要ですね。

来週の社長講話では2024年度の本社方針の概要が発表されることになっています。従業員一人一人が本社方針をしっかり理解し、各自の目標設定に繋げていきたいですね。そこに個人と組織の発展がありそうです。金融商品仲介業者に登録されると、2024年度は総合保険代理業から総合金融サービス業へと変わります。やはり、お客さま満足度向上のためには変化対応が不可欠です。

目次